海外では医薬品は大事

海外旅行へ行く際に医薬品は常備しておいた方が良いでしょう。それはなぜか?
日本では海外と違い、保険を使って病院に行って診察を行って薬を貰います。または、薬局へ行って頭痛薬や腹痛薬、又は酔い止めを購入するケースもあると思います。ただ、それは日本人向けに作られているものなので、海外でも同じように売っている訳ではありません。海外ではその土地の人種だったり日本とは違った規制がありますので、日本同様に購入はできません。
無題

 

海外で医薬品が買いずらい、ではどうすれば良いのか?


これは持参するしかありません。事前に自分が必要となりそうな医薬品を集めておくと良いでしょう。
持参した方が良い薬。

・頭痛薬
・酔い止め(乗り物酔いする人は特に)
・腹痛薬(海外では食あたりも珍しくないため、腹痛薬や整腸剤は絶対に必要です)
・バンソウコウ(アクティビティなどで怪我をするケースもあります)
・風邪薬

このような感じでしょうか。普段、何気なくでも飲んでいるような薬ですが海外ではかなり貴重なものになりますので、しっかりと自分のために準備する事をお勧め致します。尚、税関の際には申告しなければいけない場合もあるので、その辺りも事前に確認しておいた方が良いかもしれません。海外では自分の身は自分で守らなくてはいけないので備えておいて損はありません!