日本と海外では場所によってはかなりの時間差があります。" />

時差ボケ

時差ぼけって?



空を飛ぶ飛行機

日本と海外では場所によってはかなりの時間差があります。日本からイギリスに向かうとしましょう。日本とイギリスは時差が8時間あります。日本の朝に飛行機にのって約10時間のフライトをしたとしても現地の時間は日本を出発した時とさほどかわりません。

そのため、1日のあいだに日中を2回過ごす事になります。そうなると体は負担がかかってしまします。旅行の場合は現地で寝る魔も惜しんで遊ぶので問題がありませんが、帰国した時にはかなりつらくなります。逆に考えると、例えば今日の朝6時にイギリスを出発して日本に到着するとします。

時差は8時間でフライトが10時間。っとなると日本の方が時間は早いので約18時間進んで事になります。日本について約8時間進んでいると体はついていきません。そのため、海外旅行から帰ってきた時におこるのは夜に寝られない。リズムが崩れているです。学生ではなく社会人になった時にはそこまで長期の休暇はないと思いますので、海外旅行とくに時差がある場所へ行く時には1日~2日ほど余裕を持って帰ってくることをお勧めします。いきなり翌日に仕事となっても体はまだ海外時間のままになっているとかなり負担にもなります。旅行後は疲れているものですが、そこは考えておいた方が良いでしょう。